読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの置き

てきとうに色々書きます

モルフェとヴェトルの取扱説明書

現在開催中のイベント、「リペイント・ザ・メモリー」の配布SR、モルフェとヴェトルがすごく面白い性能をしているので、自分用メモも兼ねて動かしかたがわからない方向けに記事作成。

スペック

f:id:yk800:20160604151922p:plain

基本情報

レアリティ 属性 タイプ 種族
SR 特殊 不明

アビリティ

(色付き太字は注目のアビリティ)

名称 CT 効果時間 習得Lv +Lv 効果
モルフェ:不安夢
ヴェトル:現在夢
6T
(+で5T)
3T - Lv45 モルフェ:睡眠状態の味方のHP回復/睡眠解除
ヴェトル:自分以外の味方全体に幻影(2回)、睡眠付与
モルフェ:吉夢
ヴェトル:願望夢
6T
(+で5T)
3T - Lv65 モルフェ:睡眠状態の味方に弱点属性追加ダメージ付与/睡眠解除
ヴェトル:自分以外の味方全体に高揚(毎ターン奥義ゲージ10%↑)、睡眠付与
逆夢 2T - - - モルフェとヴェトルが交代する
※奥義ゲージを20%消費
モルフェ:落夢
ヴェトル:警告夢
6T 3T - Lv65 モルフェ:味方全体に落夢付与
※落夢状態の味方は睡眠中に受けるダメージを回復に変換する

ヴェトル:自分以外の味方全体が1Tの間TA率100%/味方全体に睡眠付与

奥義

名称 効果
ニンナナンナ・エテルノ 水属性ダメージ(大)
敵味方全体に睡眠付与
モルフェとヴェトルが交代する

解説

最近のSRの傾向と同じく、見た目にはなかなか強みが理解しづらいキャラ。
まずは前項で挙げた注目のアビリティから見ていこう。

注目アビリティ

逆夢(共通:3)

モルフェとヴェトルを運用する上で最も重要となるスイッチアビリティ。
注意するべきはCTが2Tかつ奥義ゲージを20%消費する必要がある点だ。

基本的な運用は開幕最速でヴェトルにスイッチし、逆夢が貯まるのを待ってからヴェトルで強化付与してスイッチ→モルフェで睡眠解除の流れ。その後、他のアビリティが回復するのを待つ間に忘れずに再度ヴェトルに切り替えておこう。

現在夢(ヴェトル:1)

強力なバフとして知られる幻影効果を味方全体に、しかも2回分付与するアビリティ。
全体攻撃は防げない都合上どんな場面でも役に立つわけではないが、相手の行動パターン次第では非常に安定した防御手段となる。特に強烈な単発攻撃が雨あられと飛んでくるコロッサス・マグナ戦で有効。

注意点は全体攻撃で解除されてしまう点、モルフェの1アビである不安夢を食ってしまう点。回復が必要そうなら使用を控える場面も出てくるだろう。

吉夢(モルフェ:2)

味方全体の通常攻撃に、敵の弱点属性の追加ダメージを発生させる効果を付与するアビリティ。モルフェ&ヴェトル鉄板コンボの一端を担う。
味方全体の火力を大幅に引き上げる強力なアビリティであるが、あらかじめ睡眠を付与しておかなければならないので開幕からぶちかますのは不可能。よってヴェトルのアビリティで睡眠を付与してから、逆夢でスイッチして吉夢、という流れが基軸になる。

落夢(モルフェ:4)

睡眠状態の味方が、睡眠中ダメージのダメージを回復に変換するようになるアビリティ。単体・全体を問わず相手の攻撃を無効化でき、防御面では全アビリティの中でも最強ともいえる硬さを誇る。

プロトバハムートの「大いなる破局」やジ・オーダー・グランデの「ガンマ・レイ」といった即死級の全体攻撃に対する防御手段として、出番は非常に多い。ただし自身を守る術がない点には注意が必要だ。
また、裏の警告夢も相当に強力なアビリティであるため、使うタイミングには気をつけよう。

警告夢(ヴェトル:4)

1ターンの間自分以外の味方全員が確定TAという破格のアビリティ。ただしヴェトルのバフに共通するデメリットとして味方全体が睡眠状態に陥る。鉄板コンボのもう一端。
睡眠状態で動けなくとも1ターンは1ターン。恩恵を受けるためにはモルフェのアビリティで起こす必要があるので、使う前に逆夢と奥義ゲージは確認しておくこと。

また、こちらも裏の落夢が強力なアビリティであるため、使うタイミングには注意。

コンボ

警告夢逆夢吉夢

モルフェとヴェトル最強のムーブとも言える鉄板コンボ。味方の火力を底上げしつつ奥義ゲージを一気に加速させることができる。追加ダメージの属性が味方に依存しないため、水属性以外のパーティに出張させるインセンティブにもなりうるコンボである。

睡眠状態は重複しないので、短期決戦を目指すのであれば逆夢の前に現在夢を挟むのも◎。

願望夢逆夢落夢

警告夢→逆夢→吉夢が攻撃の基軸となるコンボであるなら、こちらは防御の基軸となるコンボ。味方全体のダメージを無効化しつつ、奥義ゲージのみ加速させることができる。

落夢は強力な防御では手段であるが、睡眠中はアビリティのCTは溜まらず、奥義ゲージも増えないという弱点を持つ。そこを願望夢でフォローし、目覚めた直後から行動できるようにしようというのが主目的。無効化したい行動が終わったら即座に不安夢で叩き起こしてもいいが、大抵の場合その行動でモルフェとヴェトルは倒れてしまうのが悩ましいところ。

運用

基本的には先述した2種のコンボを基軸にしつつ、場合によって1アビを使用していく戦い方が基本になる。
通常時は攻撃的なコンボを中心に戦い、OD中のチャージ技やHPトリガー行動などが近づいてきたら落夢や現在夢といった防御的アビリティを要所要所で使っていくのが筆者のオススメである。

また、奥義を撃つ際は可能な限りヴェトルの側で撃ちたい。
奥義後の強制催眠をカバーするにはモルフェのアビリティが必要だからだ。

おすすめチームメンバー

一緒に加えるチームメンバーとして最もおすすめなのが SSRアルタイルSSRリルル

f:id:yk800:20160604212909p:plainf:id:yk800:20160604221330p:plain

どちらもアビリティで奥義ゲージを加速させる事で、銅鑼鐘なしでも開幕から逆夢を使い、ヴェトルに切り替えることができる。モルフェとヴェトルのもつ奥義加速力も相まって、素早いチェインバーストを叩き込むことが可能となるのだ。
SSRシルヴァもいれば、瞬間火力は一気に跳ね上がるだろう。

f:id:yk800:20160604213549p:plain

モルフェとヴェトル自身の火力が非常に低い上にアルタイルまで入れるとアタッカー不足に陥りがちなので、単体でパーティ全体の火力を大きく引き上げるシルヴァとの組み合わせはなかなかに強力。

弱点属性追加ダメージも彼女のクリティカル率アップと相性抜群! ……と言いたいところだが、どうも追加ダメージのクリティカルは本体属性がつける弱点(シルヴァの場合は火属性)のみのようである。残念。


次いで相性がいいのはSSRヨダルラーハ

f:id:yk800:20160604213926p:plain

確定TAと弱点属性追加ダメージの相性の良さは言うに及ばない。また、モルフェとヴェトルは彼の最大の弱点である三幕切れを現在夢、落夢という2種類のダメージ無効アビリティでかなり安全にケアすることができる。
ただでさえ優秀な奥義を視野に入れずとも猛烈な瞬間火力を出す事ができる組み合わせといえよう。


他にも高いDA率で攻め立てるSSRランスロット、☆★☆禁断の3アビ☆★☆によりヨダルラーハと似た特性を持つSRローアイン(トッポブ配布ver.)も相性がいいキャラ。

f:id:yk800:20160604215949p:plainf:id:yk800:20160604215952p:plain

モルフェとヴェトルは男性サイドと女性サイドがあるが、ヴェトルの場合にはローアインのポコパンキメる覚悟が強化されるのかは未検証。他にスイッチキャラが存在しないため現状では不明である。もし強化されるのであれば、配布SRとしては破格の組み合わせと言えるだろう。SRカタリナも加えればお手軽無課金PTの完成。強い。

残念ながらSRでとても相性のいいキャラはそう多くないが、先述のトッポブローアインをはじめとしてテレーズウラムヌラン配布版ランスロットといった連続攻撃確率アップを持つキャラは比較的組みやすい。

f:id:yk800:20160604221020p:plainf:id:yk800:20160604221023p:plainf:id:yk800:20160604220916p:plain

まとめ

幸い水属性は相性のいいキャラが比較的多く、彼&彼女の使い勝手はいい。運用こそやや複雑なものの、コンボを頭に叩きこんで相手の行動パターンを把握すればSSRにも劣らない活躍ができるキャラである。種族不明なので種族を気にして組み合わせに迷うことが少ないのも魅力のひとつだ。
いろいろ考えながら動かすのが楽しいキャラなのでぜひ使ってみてほしい。