読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの置き

てきとうに色々書きます

「旧神のささやき」環境におけるラプターローグの使用感まとめ

相も変わらず自分用メモです。

僕はラダーもやってないような超カジュアルプレイヤーなので参考になるかは微妙。

 

 

 
 
f:id:yk800:20160429001901p:image
 
f:id:yk800:20160429001905p:image
 
f:id:yk800:20160429001908p:image
 
最終的なリストはだいたいこんな感じに。
 
 

1.断末魔ミニオンはスタッツを基準に数を絞る

《ン=ゾス》や《掘り起こされしラプター》を使うからには強い断末魔をいっぱい入れなきゃ!と断末魔持ちのミニオンを大量に入れて試運転してみたところ、まあボード制圧力の弱いこと弱いこと。
スタッツの低いミニオンが主軸になってしまうため、どうしても有利にトレードされてしまいがちなのだ。
 
ついでに頼みの綱の《ン=ゾス》で盤面を埋め尽くした断末魔ミニオンが揃いも揃って低アタックだとなんのために《ン=ゾス》を入れたのかわからなくもなってくる。
 
断末魔の強さよりも、ミニオンとしての強さを重視して選ぼう。
 
 

2.《蠱毒なザリル》はいらないかも?

結論から言うと、《蠱毒なザリル》は非常に強力なカードである。
スタッツは4/3/2と4マナにして2マナミニオン並の低さだが、雄叫びと断末魔で手に入る毒素カードが相当クセモノ。
1マナでドローや2点ダメージなどの様々な効果を発揮するうえに、完全ランダムなので何が起こるか相手にわからない点、そして軽いのでコンボとの相性が抜群な点など、ローグにおける強い要素が一通り揃っているのだ。
 
しかし、《蠱毒なザリル》をクラフトする必要はないと私は思う。なぜかというと、《地の底の探索》で発見できるミニオンの中に、半分くらいの確率で《ザリル》があるからだ(当社比)。
 
欲しい時に持ってこれるのであれば、わざわざメインボードを圧迫してまで入れたいカードではない。《蠱毒なザリル》は発見してやろう。
 
 

3.序盤のローグは最強のヒーロー。盤面を制圧し勝負を決めろ!

 
《死角からの一刺し》、《致死毒》、《腹裂き》、《SE:7諜報員》。
序盤のミニオンの高ヘルス化が進んでいる現環境で、これらの豊富な除去で序盤にボードを完全制圧してしまえるのはローグだけの強みと言っても過言ではない。
これらのカードで相手のテンポを削ぎ落としながら、《巨大ガマ》や《SE:7諜報員》、《墓荒らし》でフェイスをガンガン削っていくのが一番の勝ちパターンだ。
 
断末魔というギミックにこだわりすぎず、全体としてミッドレンジ気味に戦うのが勝利への第一歩である。